活性炭、資源環境エネルギー利用及び設備メンテナンスのご用命は株式会社クロサキにお任せ下さい。

リークバリア

本来ならばオーバーホール等による対策が望ましい状況でも、費用の問題や停止時間の制限などの理由から、十分な対応が困難になる場合もあります。

このようなケースにおいて当社では、「リークバリア」による漏油シャットアウトをおすすめしております。

「リークバリア」4つの特徴

漏油修繕に欠かせない「リークバリア」には4つの特徴があります。

油に強い特徴を持つ

油があっても固まるので、既に油滴が出ている状況でも漏れをシャットアウト出来ます。
また、速硬性があるので、内圧(10Kpa)がかかった状態でのピンホールもシャットアウト出来ます。

リークバリアビフォーアフター

漏油修繕の作業時間が短くて済む特徴を持つ

一般的なシーリング材に比べ、工程が少なくいため硬化が速い(3~10分)ので、作業時間が短い。

リークバリア一般コーキングとの比較

ご要望に応じた施工方法に臨機対応できる特徴を持つ

お客様のご要望と漏油状況に応じて、臨機応変に修繕対応することができます。

要望 施工方法 施工イメージ
漏油対象が大きいが、停止時間があまり取れない。 ボトルキャップ施工 リークバリアボトルキャップ施工
1年以内にオーバーホールが決まっている。 厚塗り量を調整+ボトルキャップ施工
施工後にバタフライ弁の開閉を行う。 開閉部のアルミ箱設置により除去が容易に出来るように施工。 リークバリアアルミ箱設置

漏油修繕の追加補修や重ね塗りが可能です

漏油修繕を行った箇所が、万一漏れが再度発生した場合でも、重ね塗りが可能です。

リークバリア施工例

漏油修繕の「リークバリア」施工事例

リークバリア施工事例

リークバリアに関するお問い合わせ先

リークバリアは下記の事業部で取り扱いをしております。

電話・FAXでのお問い合わせ

電話/ 093-631-7751 FAX/ 093-622-0793

メールでのお問い合わせ